怖い!でもやりたい美容整形!クリニック選びはHPをよくチェックして

身近になった美容整形。でも失敗例も

アイドルのようになりたいと、美容整形をする女性が増えています。ネット検索すると多くのクリニックが見つかり、簡単な手術なら数千円からありますから、やってみたくなりますよね。

しかし、クリニックを選ぶ時には慎重に慎重を重ねてください。希望通りの顔にならず、自殺を考えるほど悩む女性もいるのです。

美容整形に定価はない。価格の差はどこから来ている?

美容整形をしようとクリニック捜しを始めると、同じ施術に対して価格がまちまちであるのに気づくと思います。例えば、二重まぶた埋没法というプチ整形方法一つ取っても、両目で10万前後のクリニックもあれば、その10分の1以下のところもあります。美容整形は自由診療なので、どんな価格でもつけられるのです。この差は何だと思いますか?

価格を下げることで多くの患者を集める「薄利多売」方式としてやっているお店もあるでしょう。しかし、それだけとは限らないのです。

クリニックのHPをしっかりチェックして選ぼう

クリニックのHPをしっかり読んでみてください。施術方法がしっかり説明され、施術後に起こり得るトラブルとクリニックの対処方法について明記されていますか?安い施術ほどその点があいまいになっていることが多いのです。

また、保障制度があるところでも、「再施術が必要と医師が診断した場合」のみ保障すると書かれている場合、患者が失敗だと感じても、医師が認めない限り治してもらえません。再施術に高額の費用がかかり、しかもそれで満足の行く出来上がりになるとは限らず、クリニックジプシーになってしまう女性もいるのです。

安物買いの銭失いにならないために

たかがプチ整形だと考えないでください。一生後悔することもあるのです。安ければ悪いとは言い切れませんが、安い理由が必ずあります。焦って決めず、よく調べて選びましょう。

出産後の膣の緩みが気になる方も多いようですが、それは膣縮小手術で解決できます。切らない方法もあるので安心です。