血液クレンジングって何?試してみる前に知っておこう!

血液クレンジング療法とは?

血液クレンジング療法はドイツ発祥の治療法でヨーロッパでは40年以上の歴史があります。血液クレンジング療法は血液オゾンバイタル療法と呼ばれている通り、体内の血液を脱血しオゾンガスを混入後に再び体内にオゾンが混入した血液を戻す療法です。悪性新生物や自己免疫疾患、各肝炎やHIV等に効果があるとされ対象疾患の治療に用いられる場合は医療保険が適用されます。もちろん対象疾患ではない人も同療法を受けることは可能です。そこにはどんな効果があるのでしょうか?

血液クレンジング療法の効果とは?

血液クレンジング療法の目的は「オゾンと血液が混合してできた物質と活性酸素により全身の細胞を刺激しその機能を活性化させること」です。効果の一つとしては、抹消血管の拡張を促したり血小板に作用することで血液がサラサラになり、血液循環が改善され酸素を全身に行き渡らせることができるというものです。結果狭心症等疾患の予防や慢性疲労の解消、冷え性や肩こり・腰痛の改善等に効果があるとされています。さらに免疫力増強により自然治癒力を高めることができます。そして抗酸化作用がありアンチエイジングの効果も期待できるわけです。

血液クレンジングの副作用は?

オゾンと混ざった血液を血管に直接戻して感染症を起こすことはないのかと心配になる人もいるでしょう。ただ血液クレンジング療法は医療機関で受けるため感染対策や技術面の対策等は徹底管理されているようです。採血量も100ml程度であれば貧血になることもありません。どうしても不安であれば担当者に質問・相談し不安を払拭してから試してみるのが良いでしょう。

血液クレンジングとは、ドロドロになった血液を採取し、オゾンガスを注入することでサラサラになった血液を体内に戻す治療法です。