意外と理由は知られていない?インプラントはなぜ噛む力が強いのか

人間は歯だけではなくて顎も使って噛んでいる

人間は、何も歯だけを使って噛んでいるのではありません。硬いものを噛むときには、顎の力までをも使います。ですから、顎と歯が一体となっていなければ、噛む力がどうしても弱くなってしまうわけです。入れ歯は、顎との完全な接着をすることができません。差し歯も同じことですね。義歯と歯は何かしらの方法で接着していますが、顎とは繋がっていません。ですから噛む力がどうしても弱くなってしまいます。その点でインプラントは優れていますね。インプラントは、チタンのボルトが顎の骨と一つになります。完全に顎の力が歯にまで伝わるので、力強く噛むことができるわけです。様々な治療法がありますが、こうした特徴はインプラントならではだと言えるでしょう。

硬いものが噛めるのは幸せなこと

義歯の状態によって、噛めるものと噛めないものが出てくるのは少し不便です。友達と食事に行ったときにも、食べられるものと食べられないものが出てくるので、コミュニケーション能力まで低下する可能性があります。分厚い肉もスルメも何でも食べられるというのは、やはり便利かつ幸せなことですよね。食事は人生の楽しみの大きな一部分になるわけですから、可能ならインプラント治療をして噛む力を弱めないようにしておきましょう。しっかりと歯を食いしばることができると、スポーツでもいい成績が残せるかもしれません。力が入れやすくなるので、体力面での有利も得られるかもしれません。重労働をする必要があるときにも、噛む力が強いことは武器となります。

三鷹のインプラント治療の特徴は、カウンセリングに時間をかけコミュニケーションを重視して患者にしっかりと合ったインプラントを選んでくれることです。