栄養素なんと59種類!?ミドリムシ健康法について

そもそもミドリムシってなに?

みどりむし(学術名:ユーグレナ)とは約5憶年前から存在する、植物(藻)の仲間です。みどりむしは植物でありながら、動物のような性質を持っており、鞭毛と呼ばれる毛のようなものを動かし移動します。近年大学と企業の共同開発により、世界で初めて野外大量栽培に成功しました。

ミドリムシ(ユーグレナ)の栄養素がすごい!

ミドリムシ(ユーグレナ)にはなんと、栄養素が59種類含まれています。ミドリムシの栄養素の中には、ビタミン13種、アミノ酸18種、ミネラル10種、不飽和脂肪酸13種を含んでおり、栄養素の豊富さから「完全栄養素」とまで呼ばれています。

ミドリムシ特有の物質「パラミロン」ってなに?

パラミロンとはユーグレナのみに存在する特殊な成分で、βーグルカンの一種です。パラミロンには、表面に無数の微細な穴が開いており本来はそこにミドリムシが吸収した糖分を保存しています。しかし、その穴に不要物を吸収することで便通を改善し、腸の働きを良くする効果や、腸管の粘膜細胞を刺激することで免疫機能の改善する効果などが得られます。パラミロンを摂取することで、ダイエットや大腸がんの予防、便秘解消、デトックス効果など様々な効果が期待されます。

ミドリムシは栄養素の吸収率が93.1%もある!

ミドリムシは植物・動物の両方の要素を兼ね備えてるので、細胞壁がなく、植物性栄養素に比べ、体内に栄養素が吸収されやすいという特徴があります。植物であるクロレラの吸収率と比べると、クロレラはよく噛んで40%と言われており、ミドリムシは他の食材に比べ群を抜いた吸収率といって良いでしょう。

ユーグレナとは、ミドリムシの事でビタミンや必須アミノ酸等、59種類もの栄養素を手軽に摂取できる事で注目を集めています。